医療事務業務のサポートサイト。レセプト作成時に役立つ検査の適応疾患一覧





医療事務のための検査別適応疾患一覧

レセプト作成時に役立つ検査の適応疾患一覧

最終更新日 2013/10/29

「医療事務のための検査別適応疾患一覧」はこんなサイトです。

検査項目別に健康保険が適用される主な病名を調べました。


医療が進歩するにつれて、病気の診断や治療法が飛躍的に進歩しました。

診断から治療に至る医療行為の中で、臨床検査が果たす役目はとても重要ですが、
基礎医学の進歩や様々な技術の向上により新しい検査方法が開発され、
迅速かつ精度の高い検査が実用化されてきました。

保険診療を行う上で、過剰な検査や疾病の診断に不必要と判断される検査は、査定の対象となります。
診療に携わる医師だけでなく、それを支える我々医療事務も、臨床検査について正しい知識を持ち、
適切な検査を実施できるようにサポートしていく必要があります。

「この病気を疑っているんだけど、この検査は必要かな?」

こんな医師の疑問に素早く答ることができるよう、
またレセプト点検時には、病名の記載漏れがないかをしっかりチェックできるよう、
このサイトを活用ください。

医師が患者を診察して、本当に必要な検査を行っているのに、病名の記載漏れで査定をされていては
病院の経営に支障がきたします。
「この検査に対する病名は不足していますが、記載漏れはありませんか?」
という風に、医師をしっかりサポートできるように勉強しましょう!
ただし、保険者によっては掲載されていない病名が適応と認められる場合もありますのでご了承ください。
また、適応疾患外でもコメントを付けることによって、審査が通る場合もあります。
レセプトを点検する際には、しっかりと医師に相談しましょう。
あなたのお気に入りにどうぞ・・・
Yahoo!ブックマークに登録
  • 検体検査
  • サブコンテンツ
▲このページのトップに戻る
当サイトでの情報は、個々の判断によりご活用ください。当サイトの情報に関する責任は一切負いかねます。
Copyright c 2008- [医療事務のための検査別適応疾患一覧] All rights reserved
since 2008.11.3